ビジファク。

君も一緒にプロサラリーマンを目指さないかい?

半袖のヒートッテックを着てみた

めっきり寒くなってきましたね。

 

今からのシーズンに重宝するのはユニクロヒートテック

 

ただ、僕は会社に行く際は、ヒートテックは着ません。

 

なぜなら、以前一度だけヒートテックを着て会社に行ったら暑すぎて耐えられなかったからです。

 

それからは年中同じ肌着(ユニクロのエアリズム)を着て過ごしていました。

 

ただ今年は急激に冷え込んできて寒冷蕁麻疹が出てきたのでどうにかしなければと考えていました。

 

「あぁ、半袖のヒートテックとかないかな」とか考えながらユニクロをぶらぶらしてたら

なんと、まんま想像してたものがあるじゃないですか。

 

思わず即買いで着てみましたので、この冬を乗り越えるために参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

 

ヒートテックの歴史

 

まずはヒートテックの歴史から。

 

東レユニクロの共同開発で2003年に発売。

 

口コミで人気が高まり2007年には2000万枚の売り上げを記録。

 

2008年から世界進出を本格化。

 

2009年の世界売り上げは5000万枚以上。

ユニクロのメガヒット商品の一つである。

 

薄手のヒートテック

若干厚めの極暖

超厚手の超極暖

のラインナップ。

 

 

 

 

特徴

 

ヒートテックの特徴を簡単に

 

  • 発熱→体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し熱エネルギーに変換。素材自体が暖かくなる。
  • 保温→繊維と繊維の間にできるエアポケット(空気の層)が、断熱効果を発揮。発生した熱を外に逃がしにくくする。
  • 吸放湿→衣服内の余分な湿気を吸収し、衣服の外へ放湿することで蒸れ感を軽減。
  • 吸汗速乾→水分を素早く吸収して乾燥させる機能がついてる。汗をかいてもすぐに乾くので肌触りはさらっとやわらか。
  • 消臭→特殊な加工が、衣服についた汗などのにおいの元を吸着・中和して消臭。

         洗たくを繰り返しても消臭効果が持続。

  • 抗菌→素材に抗菌加工が施されている。部屋干ししても大丈夫。
  • ストレッチ→独自に開発した編地によりストレッチ性を高め、着ていることを忘れるような快適さを実現。
  • 風合い→極細繊維で肌をすべるような、なめらかな肌触り
  • 保湿→アルガンオイルを繊維に練り込み、しっとりやわらかな肌触り。
  • 静電気防止→優れた保湿性を持つ繊維が使用されているので着脱の際の不快な静電気を抑制。
  • 形状保持→特殊な編地により、高い伸縮性と耐久性を実現。洗濯による型崩れを防止

 

これだけあるけども、暖かくなる原理は①と②.

 

自分が発熱・発汗しないと暖かくはならないんですね。

 

 

 

着てみた感想

 

率直な感想は、「なんとなく暖かいかも」です。

めちゃくちゃ暖かくて重宝!というよりは寒さを緩和してくれる程度なので

過度な期待は禁物。

 

まぁ、会社の中にいることが多い方は長袖よりは断然過ごしやすいと思うので是非体感してみてください。